住宅

ねずみ駆除はスピードが大切!被害の拡大を未然に防ぐ

習性や被害の説明

男の人

可愛らしい外見をしていてもねずみは、住宅へ侵入して様々な被害をもたらすれっきとした害獣です。もし万が一お家の中でねずみを見かけた場合には、早めにねずみ駆除を行うことが賢明な判断だと言えます。しかし、中には実際に被害を受けた経験が無いので、危険性やねずみ駆除の重要性を正しく認識していない方もいるかもしれません。そういった方は、日本で実際に発生しているねずみによる住宅や人的被害の実態を認識しておいた方が良いかもしれません。

ねずみによる人的被害としては、赤ちゃんなどの抵抗力が無い存在対して噛みつくなどの恐ろしい事例が挙げられます。どういうことなのかというと、赤ちゃんは基本的に喋れませんし害獣に対する回避行動を取ることが難しいです。その為、ねずみが赤ちゃんの寝室に夜な夜な忍び込んで、抵抗力の無い赤ちゃんにかじりつくこともあると言われているのです。そういった事態の発生が懸念されるので、家庭に赤ちゃんがいるという方は特に、ねずみの侵入に対して何らかの対処を行なっておく必要があるかもしれません。

凶悪なねずみによる被害から赤ちゃんを守るためには、自分でねずみ駆除を行うのか会社に対処をお願いするのか検討することになるでしょう。お家に侵入しているネズミが1匹などの少数であれば自分でも対応できるかもしれませんが、そうではなくて複数入り込んでいるのであれば会社にねずみ駆除を依頼すると良いでしょう。